ビジネスマンのための「読書力」養成講座 小宮一慶

ビジネスマンのための「読書力」養成講座
を読み終えてちょっと自分の読書法に自信が持てるようになりました。

本書は最近の一律的な多読・速読法とは異なっていて、読書法は目的によって使い分けるべきだとしています。
著者は読む目的や読む本によって読み方を速読・通読1・通読2・熟読・重読と変えることを提案しています。
持て囃される速読に関しては、情報を得るためのものと割り切っています。他の人も言うことですが、この割り切り方が速読の肝なのだと思います。重要な情報をピックアップする訓練としては新聞を一面から読んでいくんだそうです。

仮説をもって本は読むこと、とは名言です。小説なら別ですが読む前に何か前提があると読み方がかなり違います。
また読書だけで知識を身につけてきた著者の読書で頭はよくなるとの言は説得力があります。

単なる速読以上の読み方を知りたい人にオススメです。
よい本というのは、それを読む過程自体で、知識や感動を与えるとともに、読み手の読書力を向上させる

速く読む、ではなくて、速く手に入れる

情報を得ることだけが目的ではない。ロジックを追えるようになることが、論理的思考力のアップ=頭がよくなるということです。

変に一般向けにアレンジされたものより、専門家を目指す人向けの入門テキストのようなものを読んだほうがよい

頭のよさとは、計算力や暗記力が上がることだけではなくて、論理的思考力のレベルが上がること



話題の人気ブログをチェックー人気ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108553755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。